タイカービングについて

  • HOME >
  • タイカービングについて

タイカービングとは

フルーツカービング

小さなナイフ1本で、果物や石けんに花などの模様を彫るタイの伝統文化タイカービング、その起源は約700年前のアユタヤ時代ともスコータイ時代とも伝えられています。

もともと宮廷の子女たちが王様に捧げる食事を美しく飾りたてたことから始まったと言われ、そのおもてなしの心は現代にいたるまで受け継がれています。

ソープカービング

本来フルーツ・ベジタブルカービングは、キャベツの芯や青梗菜の株、トマトの皮などお料理で不要な部分を利用して花や葉を彫ったり、フルーツをいただきやすいように切り分ける際に葉の形にしたり、美しい模様を施したかぼちゃを容器に見立て、容器ごといただける料理にしたり、食とは切り離せない実用性を備えています。更に近年では芸術性も研ぎ澄まされ、食卓のみならずホテルやレストランのエントランスなどを生花と共に彩る場面も見られるようになりました。

フルーツ・ベジタブルカービングから派生したソープカービングはより繊細な模様を施しやすく香りも楽しめることから、インテリアやプレゼントとして日本でも人気です。

タイカービングの道具

カービングナイフ

基本の道具は鉛筆ほどの大きさのナイフです。
刃と柄の長さ、形状には様々な種類があります。
他にタイカービング用の彫刻刀なども使います。

カービングナイフ通販専門店